私がマンションを売却した時の流れ

所有しているマンション売却

マンション売却 : マンション売却の流れ

所有しているマンション売却3カ月ほどで購入希望者と契約対応が良い業者なので仲介手数料は不満なし

私は、東京の江戸川区に住んでいましたが、当時マンションを所有していました。
結婚していましたので、名義は主人名義でしたが、主人は東京都内の会社に勤めていたため一生そこで暮らすのではないかと考えマンションを購入したわけです。
ところが購入してから5年経過したときに、主人は会社を辞めると言い出したわけです。
その理由は、これから会社員として勤めあげても将来性がないので独立したいといっていました。
主人の明確な考え方を聞いた私は、それも悪くはないと思い3年間の準備期間を経ていよいよ独立することになったのです。
ただ、東京で独立するわけではなく世人の地元の群馬県で独立をすることになりました。
この段階で、所有しているマンションは売却しなければならなくなります。
そこで、不動産会社に依頼する前に果たしてどのような流れになるのかを理解しようと思い私は家で勉強し始めました。
どうやら、不動産会社にお願いをするのが一般的なようでしたので、業者を選ぼうとしたのですが、業者はよく比較した方がいいとの忠告があり、まずは複数の業者に査定をお願いすることになったわけです。
査定をしてみると、考えていたよりも少し高い金額が表示されたので、違う意味で驚きを覚えました。